環境にやさしい
こむぎっちシリーズ



【こむぎっち】は上里町の
イメージキャラクターです。


無駄なく発電
                            「ソーラーカーポート」
オリジナル太陽光パネル「こむぎっちソーラー」
超小型モビリティ「こむぎっちカー」

超小型モビリティ
環境を守る
車について
化石燃料とは?
災害時電力供給

電気で走る「こむぎっちバイク」

●メディア紹介

T  V | 新聞・雑誌 |
WEB
| ラジオ

会社概要
会社案内
お問い合わせについて


株式会社プランのHPです。太陽光発電の施工・製本・オンデマンド印刷などを行っております


太陽光発電の設置
製本・オンデマンド

㈱プランにお任せ下さい


化石燃料とは?

化石燃料とは「石油」「石炭」「天然ガス」
のことです。何億年もかけ、微生物の死骸や
植物が少しずつ化石になってそれがやがて
石油や石炭になったことからこう呼ばれています。


石油は、ガソリン、灯油、プラスチック・・・・と姿を変え今の私たちには欠かせない燃料となって
いますが化石燃料は使えば使っただけ無くなるもので、実は、もうかなり底をついてきているのです。
今のまま使い続けると石油は約40年でなくなると言われています。また石炭は約160年。天然ガスも
約70年でなくなる計算です。

私たち人間は200年ほど前からこれらの化石燃料を使ってきましたが、化石燃料を使用すると二酸化
炭素 (CO2) 、窒素酸化物 (NO, NO2, N2O4) 、硫黄酸化物(SO2)などが排出されるため、地球温暖
化、大気汚染による酸性雨や呼吸器疾患などの公害を引き起こす原因にもなると言われています。

環境問題も勿論のこと、化石燃料はいつかは、なくなってしまう資源なので、化石燃料に代わる、「自然エネルギー」が使えるようにあちこちで開発が進められています。

自然エネルギー

  ・太陽光発電
  ・風力発電
  ・水力発電
          ・・・など


製造~廃棄まで化石燃料をできるだけ使わないエコな超小型モビリティ

超小型モビリティは、化石燃料は
殆ど使いません!!


電気で動く「電気自動車」なので、人体
に有害な排気ガスも排出されず環境を
汚染する心配がないので安心です。

さらに騒音公害もないため、人にも町
にもとても優しいクルマなのです。


利用コストはどれくらいかかる?

   超小型モビリティは電気自動車として家庭用の電気コンセントから
気軽に充電することが可能です。それだけでもコスト面ではガソリン
よりかなりお得です。

充電に使用した分の電気代はどうしてもかかりますが
HTM-Japanでは小型モビリティをご利用いただくに際し、その電気代
をも節約できる方法をご提案しております。

  ・ 自然エネルギー「太陽光」を最大限に活用。電気代は最小限に!
  ・ 蓄電システムを上手に活用!



 只今、埼玉県上里町にて超小型モビリティの「実証実験」を行っております

 小型モビリティを先導導入し、住民等の視点で日常生活の様々なシーンで車両を実際に活用してもらい、
 域特性や生活スタイルに適合するかを実証・検証するものです。

 (→※実証実験HPはコチラ

超小型モビリティ「こむぎっちカー」
販売時期につきましては、未定となっております。
NEXT > 災害時電力供給  


  HOME > 超小型モビリティ「こむぎっちカー」 > 化石燃料とは